妊娠力が上がる鍵

不妊の原因は活性酸素にあり?活性酸素を防ぐ方法をご紹介します

記事一覧を見る

細胞保護と不妊治療の関係性

卵子も精子も一個の細胞です。
卵子は体の中で最も大きい細胞で、精子は最も小さな細胞です。

この二つの細胞が受精し、どんどん成長していきます。

スムーズな妊娠・出産のためにも、この小さな一つの細胞を、ベストな状態で作り出していくことが大切です。

しかし、今では、生活習慣の変化や晩婚化、ストレスフルな生活など、私たちを取り巻く環境は大きく変わってきています。
つまり、活性酸素にさらされる時間が長くなっているのです。

生殖細胞の酸化が進んだ場合、卵子を育む卵胞に十分なエネルギーが供給されず、受精率も低くなります。
生殖細胞の酸化は、妊娠・出産への大きな壁になってしまっています。

生殖細胞を取り囲む器官や、サポートする臓器も、すべてひとつひとつの細胞からなりたっています。
すべての細胞が快適に機能するためにも、細胞保護・防衛という発想が大切なのです。

記事一覧を見る

うぃずらぶコミュニティー

loading
ページの先頭へ