ストレス解消法

アロマや睡眠・運動などストレス解消に効果的なものをご紹介します

記事一覧を見る

アロマで癒されよう

植物の香り成分を使い、ココロやカラダに働きかけ、健康や美容に役立てようとする自然療法のひとつにアロマテラピー(アロマセラピー)があります。目に見えないストレスに対しての健全な療法、ココロとカラダの癒しのアイテムとして注目を集めていて、病院や治療院などでもアロマテラピーを利用し、治療を行っているところが増えています。
基本的に、アロマテラピーは植物の花や葉、果実の皮などから抽出したエッセンシャルオイル(精油)を使います。
香りは目には見えませんが、香り成分(芳香物質)として、普段から私たちの周りにふわふわと存在しています。
それが、いくつかの手段でカラダの中に入り、心身を癒したり、美容に効果をもたらしたりと、ココロとカラダに影響を与えてくれます。

まずは鼻から、
鼻から吸い込まれた香り成分は、いくつかの器官を通して電気信号として脳まで伝わり、ココロの面では感情・記憶などに関わる部分へ、カラダの面ではホルモンバランス・免疫系などに関わる部分へそれぞれ働きかけます。

次に皮膚から、
割合的に皮膚から吸収される香り成分が一番多く、アロマバスやマッサージで皮膚に付いた香り成分は、皮膚の表面から吸収され、深いところまで浸透します。そこからさらに、血管やリンパ管などに入り、全身に行き渡ります。ただし、原液を直接肌に塗らないように注意しましょう。

 

ストレス解消におすすめのエッセンシャルオイルと効果

イランイラン・・・怒りや不安、ショック、パニック、恐怖などの激しい感情に襲われたときに使うと精神をリラックスさせ、幸せな気持ちにしてくれます。

ラベンダー・・・ストレスからくる緊張をほぐし、怒りを静めて疲れをやわらげ、ココロを浄化してリラックスさせます。

オレンジ・スウィート・・・落ち込んだ気分を明るくして、不安や緊張をほぐします。カラダにエネルギーを与えたいとき、眠りたいけど眠れないときなどにおすすめです。

ローズ・・・鬱や悲観、自己嫌悪、嫉妬などマイナスな感情をほぐし、安らぎや幸福感を与え、前向きでポジティブな感情を呼び起こします。

カモミール・ローマン・・・不安、緊張、怒り、恐怖などの気持ちを落ち着かせ、リラックスさせます。不眠症にも効果があります。

メリッサ(レモンバーム)・・・ショックやパニックなど精神的な混乱に陥ったときに、ココロを落ち着かせ、明るい気持ちを取り戻させます。

フランキンセンス(オリバナム/乳香)・・・不安や心配事、トラウマにとらわれたココロをやさしく癒す効果があります。

ベルガモット・・・不安や緊張、それにともなう不眠に効果があり、気持ちを落ち着かせ、リフレッシュする効果があります。

ネロリ・・・慢性的な不安感、落ち込んだココロを解きほぐし、幸福感を起こさせます。眠れない夜や、イライラにも効果があります。

エッセンシャルオイルの使い方

芳香浴・・・ティッシュやコットンにエッセンシャルオイルを1滴たらし、枕元に置いたりして、香りを楽しみます。

アロマバス・・・38~40度のぬるめお風呂にエッセンシャルオイルを落とします。よく混ぜて、香りの湯気が立ち上がったところでゆったりと浸かります。

温湿布・・・洗面器にお湯を入れ、エッセンシャルオイルを3滴以下落とし、タオルに含ませしぼり、後頭部と首の後ろを温めます。後頭部と首の後ろは自律神経に関わる場所です。ストレスで自律神経のバランスが乱れていると固くなっていることがあるので、温めて緩めてあげましょう。

マッサージ・・・ブレンドしたオイルをたっぷりと手に取り、耳の付け根あたりから肩全体にかけてさするようにマッサージします。入浴中や後の体が温まっているときにやると効果的ですので、ストレスの影響で緊張しがちな首や肩をほぐしましょう。

エッセンシャルオイルの選び方

①品名、学名、抽出部位、抽出方法など、最低限のことが表示されているか。

②輸入品なら日本語表示で、輸入元や取扱注意が表示されているか。

③オイルのビンは遮光性のあるガラス製であるか。
エッセンシャルオイルは100%植物性の天然のものから作られ、かなり濃縮されています。
そのため、取扱いには注意しなければなりません。
その注意事項を十分に守り、安全に楽しくアロマテラピーをしましょう。
 

記事一覧を見る

うぃずらぶコミュニティー

loading
ページの先頭へ