エッグドネーションとは

最先端のエッグドネーション(卵子提供)技術を誇る、LA BABY社について

最も多く日本人ドナーを持つLA BABY社

子宮に問題はないけれども、自らの卵子に何らかの問題があり妊娠できない女性が、第三者から卵子の提供を受け、夫の精子で体外受精するプログラムを、エッグドネーション(卵子提供)といいます。

エッグドナーとなる女性は、20代~30代前半の健康な女性に限られ、受精卵を受け取る女性側は、子宮をベストな状態に準備するため、ホルモン治療を受けます。
こうして妊娠、出産された子どもは、夫婦の実子として戸籍登録されることになります。

日本では、エッグドナーによる体外受精は、現状では認可されていませんが、一方、アメリカでは日本人向けの卵子提供エージェンシーが多く、州によって違いはあるものの、精子・卵子の提供も本人の同意でよく、規制が緩やかな国といえます。
中でも、米ロサンゼルスに拠点を置くLA Baby社では最先端の卵子提供プログラムが行われています。
また、多くの日本人ドナーも登録されており、その数は常時100人以上にのぼると言われています。
LA Baby社が提携するクリニックでは、質の良い卵子を厳選していることもあり、妊娠成功率は世界最高レベルに値すると言われています。

 

LA Baby

http://www.lababy.us/

うぃずらぶコミュニティー

loading
ページの先頭へ