【女性】月経について

月経のしくみや生理痛・経血量と妊娠の関係、PCOSについてご説明します。

記事一覧を見る

月経血量と妊娠

経血の量について、他人と比べることができないだけに悩みを持っている方もいらっしゃるかもしれません。
月経血の量は個人差が大きく、また同じ人であってもホルモンの状態によって変わってくることもあります。
経血の量と妊娠は直接には関係しませんが、経血の量や状態によっては、妊娠しにくくなる原因が隠れているかもしれません。

  • 過多月経(経血量が多い) → 1時間でナプキンから溢れてしまうなど、あまりにも経穴の量が多い場合は、子宮内膜症やホルモン分泌の異常等の可能性も考えられます。子宮筋腫や貧血にも注意が必要です。
     
  • 過少月経 → ストレスなどにより卵巣機能が低下している可能性があります。卵巣機能低下から無排卵月経につながるかもしれません。もともと経血の量が少ない方もいらっしゃいますが、経血量が減ってきたという場合には注意したほうが良いでしょう。
     
  • レバーのような塊 → 子宮内膜が溶けきらずに出てきたもの。珍しいことではなく、実は20代、30代の女性の多くに経験があります。とはいえ、頻度が高い場合には、子宮内膜症や子宮筋腫が隠れているかもしれません。

記事一覧を見る

うぃずらぶコミュニティー

loading
ページの先頭へ