マカの歴史

インカ帝国時代から続くマカの歴史をご紹介

マカはアンデスの人々の間で何千年も昔から食されてきました。インカ帝国時代は特権階級の食べ物だったといわれており、活力が漲る神秘の植物として神様にお供えしたり、戦争で手柄を立てた者への褒美として用いられたりしてきました。貴重な作物として家畜と取引されていたという記録も残っています。ペルーでは「アンデスの女王」の異名を持ち、現在も人々に重宝されています。 現在、原産国であるペルー政府にとって、マカは貴重な外貨獲得資源となっており、マカそのものをペルー国外に直接持ち出すことは法律で禁じられています。インカ帝国からペルーへと時代は変われども、マカはアンデスの人々を支え続けているのです。

マカの伝説について

 スペインの記録に次のような話が残っています。
 今からおよそ500年前、16世紀スペインはインカ帝国征服に乗り出しました。当時のスペイン軍は騎馬戦を得意とする部隊でした。インカ帝国の兵士達は、馬の巨大な体と野を駆ける能力に圧倒され、姿を見ただけで戦意を喪失したといいます。ところが、馬たちはアンデスの過酷な自然環境に適応できず、次第に弱っていきました。そんな時、厳しいアンデスの高地に暮らす人々が、良い栄養状態を保ち健康でいい体格をしていることに気がついたスペイン軍は、現地の民から、マカが栄養に優れ疲労回復や滋養強壮に効果があると伝え聞き、馬にマカを食べさせました。すると、馬たちが元気を取り戻し、交配し、数を増やすことができるようになり、インカ帝国征服につながったといわれています。

うぃずらぶコミュニティー

loading
ページの先頭へ