トップページ > うぃずらぶコミュニティー > うぃずらぶ広場 > 偉人が贈るあなたへのメッセージ > 他人の短所を見れば憂うつになり、他人の長所を見れば人生が明るくなる。

偉人が贈るあなたへのメッセージ

短い言葉に秘められたメッセージは、あなた自身の生き方を変えてしまうかも♪

記事一覧を見る

他人の短所を見れば憂うつになり、他人の長所を見れば人生が明るくなる。

自己啓発トレーニングの始祖的な人物として知られているデール・カーネギーの言葉をご紹介します。

 

他人の短所を見れば憂うつになり、他人の長所を見れば人生が明るくなる。

by デール・カーネギー

 

彼が書いた『人を動かす』や『道は開ける』は世界中で2,000万部以上も売れました。今から90年前の本ですが、今でも売れ続けているというから驚異を感じます。彼は、その本の中で、「欠点よりも長所を見る」ことの大切さを述べています。

人間は人の欠点は見えやすいものです。人の短所を見れば、嫌な気持ちになりやすいでしょう。中には、相手をバカにしたり優越感を抱いたりする人もいるかもしれませんね。一方、長所については見つけづらいものです。

特に、自分の配偶者の長所は見つけづらく、つい欠点ばかりが目につくものです。

それが夫婦の不仲にも繋がるのです。

夫婦が仲良くなる一つの方法に「美点発見」という手法があります。

これは相手の良い所を毎日1つずつノートに書いていく方法です。

最初、「相手の良いところを出来るだけ多く書きなさい」と言われても、せいぜい10個ぐらいしか書けないものです。しかし、毎日1つずつ書いていくと、不思議といくらでも書き続けることが可能になります。

どんなに嫌な相手でも、良い点を探していくと、いつの間にか夫婦仲が良くなってしまうのです。

毎日ひとつ、365日、相手の長所を手帳に書いてみましょう。

信じられない結果が生まれますよ。

記事一覧を見る

うぃずらぶコミュニティー

loading
ページの先頭へ