トップページ > 会社案内 > 経営理念 > 社員教育を大切にします

経営理念

社員教育を大切にします

根っこを育てる教育


花木は、四季折々にそれぞれの美しい花を咲かせ、周りの人々を幸せにします。
種をまいてすぐ芽を出し、花を咲かせるものもあれば、葉をつけるのに
何十年もの時間を費やすものもあります。
いずれにしても葉や花をつけるのには、
土の中にあって、地表に姿を見せない「根っこ」が、一番重要な鍵になります。

昔から「苗半作」と言い習わされているように幼苗時の育成の是非は大変重要です。

人間にたとえると、
入社から十年間は、花を咲かせるための根っこを育てる大切な時期。
たっぷりと時間をかけ、マインドや精神を磨きます。

そして太く長く育てた「根っこ」には、
社会人としての基礎や考え方、助け合う心、思いやりなどの心の栄養が蓄えられ、
これからの人生のさまざまな場面で、花を咲かせていく力になるのです。

新入社員からベテラン社員へと成長する過程で、スキルやテクニックだけでなく
自分は誰のために、何のために成功しなければいけないのかを考え
自分の人生の根っことなる「人生理念」を明確にしたり、
自分の人生ビジョンを描き、目標の設定を行ったり、
その時期に身につけた方が良いこと、したほうが良いことがたくさんあります。
会社は社員が幸せな生涯を送る為の舞台と捉え、
社員一人一人、理想に向かい成長し、それぞれが咲かせたい花を咲かせるために、
根っこを育てる教育を私たちは何よりも大切にしています。