トップページ > 7つのこだわり > 安心・安全への取り組みについて ~添加物・農薬・放射能~

安心・安全への取り組みについて ~添加物・農薬・放射能~

 安心の品質管理システム ~一貫した生産管理~

 お客様のお口に入るものだからこそ、徹底した品質管理や安全性の確保は私たちの責務です。私たちは、一貫した生産管理体制のもと、「標高4000m以上のアンデス高地で栽培されたマカが製品としてお手元に届くまで最高の状態を保つ」ことを実践しています。
 原料となるマカは、有機土壌認定を受けた畑で、直接契約した農家の皆さんが心をこめて栽培し、収穫・乾燥したマカは、ペルーでは数少ない国際的な品質管理基準GMPやSQF、HACCPの認定を受けた工場にて粉末化されています。その後、様々な検査を経て日本へと運ばれ、厳格な安全管理のもと、製品化されるのです。
  『プレミアムマカモラーダ』は、徹底した安全管理や、添加物を一切使用せずに加工されたナチュラルな製品であることが評価され、2013年に引き続き2014年度もモンドセレクション最高金賞を受賞しています。
 

safety.jpg

 添加物に関する当社の考え

 お客様にとって添加物は本来必要のない成分であると、私たちは考えています。生産性や保存性を高めるというのは、販売サイドの都合に過ぎません。一般的に錠剤型のサプリメントには、ショ糖脂肪酸エステル等の賦形剤やなたね硬化油等の滑剤が用いられ手います。なたね硬化油には健康への悪影響が注目されているトランス脂肪酸が含まれ、一部では心筋梗塞や流産などへの影響が懸念されています。私たちは、お客様に心から安心していただくため、天然由来のものも含め一切の添加物を使わない製品づくりにこだわりました。

【参考資料】農林水産省HP「トランス脂肪酸に関する情報」
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/index.html

 

うぃずらぶの取り組み

私たちが添加物を使わない製品作りに取り組み始めたのは、10年以上も前のことです。幾度もの失敗や試行錯誤を経て、日本ではじめて2004年に完全無添加の錠剤を作りました。現在も、錠剤の小型化など改良を続けています。
製品の加工はもちろん、原料の生産段階から関わっていくことで、これからも最高のマカ粒を作り続けることをお約束します。

 

農薬に対する当社の考え

殺虫・殺菌・除草に用いられる農薬は、私たちの身体にとって必要な成分とは言えず、本来身体に入れるべきではありません。農薬はもちろん添加物等、一切の化学合成された成分を含まない100%ナチュラルな製品をお届けすることが、わが社の使命だと考えています。

 

放射性物質について


放射性物質に関する当社の考え

私どもの製品『プレミアムマカモラーダ』をご愛用いただいているお客様は、ご自身の口に入れるものにとてもこだわり、良い物を食べることに気遣っていらっしゃる方がほとんどです。お客様に心から安心してお召し上がりいただきたいとの想いから、率先して放射性物質検査等を行っております。

 

うぃずらぶの取り組み

国際的な放射能試験所認定を取得している分析センターでの高精度検査を実施し、放射線照射の検査を併せておこなっています。自社および公的な第三者機関で安全性が実証されたマカのみをお届けしているのはもちろん、放射線検査に関する資料等を製品とともにお送りし、お客様にお知らせしております。
ウィズラブインターナショナルは、お客様によりいっそうの「安心・安全」をお届けできるよう、今後とも品質保証体制の強化に努めてまいります。
 

厚生労働省HP「食品中の放射性物質への対応」
http://www.mhlw.go.jp/shinsai_jouhou/shokuhin.html

ページの先頭へ